読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

アイドルを好きになることは近距離恋愛に似ている

“アイドルを好きになること”は“近距離恋愛をすること”に似ている。

上手く表現できないけれど最近そんなことを考える。
実際にアイドルグループを好きになってみてそう思った。
会いたい時に会える。= テレビやラジオを点ければアイドルと接点がある関係がまさにそうなのだ。

恋愛における『近距離』と『遠距離』の特徴

●近距離恋愛
【メリット】
・彼氏と会える機会が多い
・頻繁に会えるので比較的満足度が高い
【デメリット】
・彼氏と過ごす時間が多くて自分の時間が思うようにとることができない
・彼氏と会えるありがたみが薄れる(当たり前になってしまう)

●遠距離恋愛
【メリット】
・彼氏と会える機会が少ない分自分の時間が十分にとることができる
・彼氏と過ごす時間が貴重であることを実感できる
【デメリット】
・彼氏とあまり会えないことに対して不満が募る
・あまりに音沙汰がないと不安になる

ちなみにこの間を取った中距離恋愛も存在する。

アーティストをこの恋愛パターンに当てはめると…

先に述べた特徴はアーティストのリリースや露出にも割と当てはまるような気がする。

●近距離恋愛
…ジャニーズ・AKBをはじめとするアイドルグループ
【メリット】
・冠番組がある
・チェックする番組が多い
【デメリット】
・チェックする番組が多くて自分の時間が取れない
・幸せなんだけど供給過多で食傷気味になることもある

●遠距離恋愛
…B'z・ミスチルなどリリース間隔の広いアーティスト(洋楽等も)
【メリット】
・番組をチェックするのはリリース前後のみ(割と楽)
・録画予約とリアルタイム視聴のスタンバイに気合いが入る
【デメリット】
・なかなかTVに出ない(リリースしても出演番組が少なかったりする)
・次のリリースまでの時間が長く供給不足(時々冷めそうになる)
・洋楽は来日公演に参加できればラッキー。(←もはや国際遠距離恋愛。)

 

雑感イロイロ。

ここから先はただ単にここ最近の自分の雑感である。

キスマイBUSAIKU!?、キス濱テレビ、OLくらぶ、キスマイRadio etc...
冠番組の他にも歌番組、UTAGE!、もしもツアーズ、各メンバー出演の番組 etc...
ここ1年、キスマイだけでもこれだけチェックする番組があった。

彼らを見る機会は確実に週に2回以上はある。ものすごく幸せなことだ。
ただ、次から次へ目紛しく好きなものをチェックする日々に時々疲れを感じることもある。

少しだけ個人的な話をすると、
私の恋愛パターンの割合は“遠距離:近距離=8:2”だったし、今まで好きだったアーティストは上記に当てはめるとほぼ9割が“遠距離恋愛”、残り1割が“中距離恋愛”タイプに属していた。

彼に会う前の準備は万全に、好きなアーティストがテレビ出演するとなればTVの録画予約を済ませた上でTV前でスタンバイする。
それ以外は仕事やスキルアップのための勉強、趣味etc...自分の時間を割と有意義に過ごしていた。

好きな人(アーティスト)と過ごす時間も自分の時間もバランスよく楽しんでいた私にとっては遠距離恋愛パターンのデメリットをデメリットとすら思わずむしろ楽しんでいたように思う。

そういった意味で近距離恋愛的な感覚(好きな人との時間 > 自分の時間)にただついていけていないだけなのかもしれない。

TVでアイドルを目にする機会が多くて幸せだと感じる今。
1年後はこの状況にも慣れてそれが当たり前だと感じるようになっているのだろうか。
それともこの距離の近さでさらに好きになっているだろうか。
もしくは飽きて元々好きだったアーティストへの熱を増しているだろうか 。

とりとめもなくダラダラと書き綴ったけれど
アイドルとは自分にとって目新しく未知数なんだと感じた。
というか、ここ最近振り回されて自分のペースが保てていないんだろうなぁ(苦笑)。