読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

キスマイBUSAIKU!?を勝手に考察してみた ~前編~ (2013.04 ~ 2015.03)

2015年4月からキスマイBUSAIKU!?が夜11:00(テラハ枠)に移動した。
全国ネット2期ということでブサイクスタンプもリセットされていた。
別番組ではメンバーが「放送時間が11時に昇格した」と紹介していたし、ジャニーズのイメージを一新した型破りな番組を多くの人に見てもらえる良い機会だと思っている。

そこで2015年3月までのキスマイBUSAIKU!?に関して勝手に考察してみた。
今までの順位のデータを元に考察したブログがいくつも存在するのでデータではなくオンエアの内容を重視した。
勝手気ままに書いて長文になったので前編と後編に分割。
興味を持たれた方は時間がある時にどうぞ。
※オススメ回は最近見直した回が中心なので今後増減の可能性あり

 

藤ヶ谷太輔

【考察】
1位の獲得回数最多で安定感抜群。“キング”と称されるのも納得できる。Sexy Zoneの中島さんは藤ヶ谷さんのVTRを“ファンタスティック胸キュン”と称し涙したほどだ。
恋愛テーマは得意分野のようで必殺技は「頭ポンポン」「寸止め」「沈黙」「程良いS感」。基本は甘く優しく重要なところでSっ気を出すという絶妙なバランス・タイミングで女子の心をキュンとさせる。藤ヶ谷ゾーンと呼ばれる目を見てからの至近距離・沈黙の時間は息を飲んでVTRを見ている人も多いのではないだろうか。
自分の言葉で表現することが堪能で「自分はこう思う」と意見しつつも「マイコはどう思う?」と相手の意見も尊重できているあたりが流石。
VTRを見ていると恋愛の主導権は藤ヶ谷さんが握っていることが確認できる。
常に上位だけれど料理がテーマの回は順位が荒れる。

【個人的にオススメする回】
●カッコイイ●
・星空を眺めながらカッコいいキスの仕方
・カッコいい壁ドンキス
・キッチンでのカッコいいキスの仕方

▲ブサイク▲
・働く彼女に作ってあげるお弁当
・彼女のテンションが上がる朝ごはん

【感想】
演技は妄想でカバーしていると発言していたけれど、彼の中には乙女が住んでいるのではないだろうかと思ってしまう。横尾さんと並んでいると彼の乙女な部分が一層引き出されている気がする(余談)。
言葉や表情などの表現力が高く、欲しい言葉や憧れるシチュエーションなど女子が求めるものを分かっている。しかし言葉が多いなと感じる時もあるので言葉少なめにもう少し日常感が漂っているとより自然で良いと思う。
個人的にはVTR視聴中やトークでメンバーの発言に爆笑する姿が好き。
クールなイメージがあるけれど本来は面白い人なんだろうなと。そういう一面をVTRでもっと見てみたい。

 

玉森裕太

【考察】
安定の2位で行動がナチュラル。恋愛テーマが得意で基本的にマイコへの対応は「シンプル」「ナチュラル」「ストレート」。
安定して上位を獲得しているのは“自分がどうしたいか”と“相手がどう思うか”を両方考え体現しているからではないだろうか。
毎回マイコ役の人が楽しそうだったりドキッとしているのが印象的。単純に演技だからとか玉森さんが相手だからというわけではなさそうだ。
可愛い顔して当たり障りなくツンデレや男性的な一面を出してくる。かと思えばイカ墨鍋を作ったり海で砂遊びを始めるからよく分からない。
料理回でブサイクスタンプを押されてからは吹っ切れたのか割と素に近いと思われるVTRを見かけるようになった。
やや苦手な分野は料理と運動。ボウリングやバスケット、100m走など運動が絡むとやや不調で下位になる。

【個人的にオススメする回】
●カッコイイ●
・徹夜仕事から帰宅した彼女の癒し方
・彼女との何気ない日常をちょっと幸せにする100秒間
・付き合い始めに彼女とする約束

▲ブサイク▲
・夏の海で女友達を解放的にさせる方法
・バレンタインに彼女へ贈る手作りサプライズスイーツ

【感想】
個人的に7人の中でいちばん玉森さんの展開が読めない。もちろん良い意味で。
甘え方や会話が自然なので「これはテレビだから…」と境界線を引くこともなくマイコと自分を重ねやすい気がする。
「ハグ+無言のキス ~さりげなく右手を添えて~」
「“大好き”+キス ~さりげなく右手を添えて~」
どこぞのレストランのメニューみたいだけれど“シンプルイズザベスト”が彼の王道だろうなと。おそらく理想的・ドストライクな“カッコイイ”の多くは玉森さんがかっさらって行っていると思う。
好感が持てたのはさりげなく努力の跡が垣間見えた点だ。
冠婚葬祭回では新婦へ「離婚しないように」と声をかけて下位になった後、新郎友人代表のスピーチでマナーを学んで収録に臨んでいたり、料理回でキャラ弁で最下位になった後、彼女へ作る朝ごはんで見た目も栄養バランスも良いフレンチトーストを作ったりしている。
その後マジパンが登場…(以下略。時々テキトーさも登場する。
2015年4月以降はさらに玉森ワールドが展開されているので、今後のVTRにも期待したい。

 

北山宏光

【考察】
意外にも番組開始から全国ネットになるまでは平均して4位、そこから徐々に上がって3位。割と順位の変動が大きい。
真剣な表情を前面に押し出している時は割と上位に食い込んでいる。
VTRで“チャラい”“昭和”というコメントを見かける。最年長だから昭和と言われるのかはさておき“チャラい”は良くも悪くも紙一重。
見方にもよるが「良:悪 = 4 : 6」くらいではないかと推測する。
持ち前の笑顔とチャラさ・フレンドリーさが如何なく発揮されるのはベタな恋愛シチュエーションよりもマイコが同僚・友達・生徒といった少しライトな関係である時だと思う。VTRを見ているとマイコの苦手意識を解したり空気を察知して雰囲気を変えるのが上手く、叱る回以外では声のトーンが一定して穏やか。

【個人的なオススメ回】
●カッコイイ●
・夏の海で女友達を開放的にさせる方法
・セクハラで困ってる同僚の助け方
・自分に憧れる教え子に贈る言葉

▲ブサイク▲
・カッコいい看病でのキスの仕方
・浮気がバレた時の言い訳

【感想】
度々VTRに登場するフフッと笑って少し低い声で話す流れは個人的に好き。
別番組で推していた玉子と生命の息吹がこの番組の料理回で登場していてしかもその回は下位で思わず笑ってしまった。
チャラいかと思えば真剣になったり、時々強引だったり、不意打ちで何かしてきたりと緩急自在な演技が上手いなと思う。
“チャラさ”が紙一重で順位が乱高下している原因なのかなと思いつつも、それが北山さんの持ち味で6人が真似できない部分でもあるのでこのままお家芸として確立していただきたい。

 

千賀健永

【考察】
舞祭組の中では1位の獲得回数や上位ランクインが多い。
観覧車や下着、朝食、サプライズetc...女子が好むものに対して入念に下調べしている。
上位ランクインへのカギは千賀さんの美学を詰め込んでストーリー仕立てで繰り広げられる“千賀劇場”。
この千賀劇場が吉と出るか凶と出るか…基本的にカッコ良さを演出しようと自分へベクトルが向いている時は大抵失敗し6~7位のブサイク争いをしていることが多い。
逆に自分の存在はアピールせずにマイコに尽くし褒めたたえる内容の場合上位を獲得する。千賀劇場はマイコを主軸にしておいた方が良いかもしれない。
ちなみにサプライズの回はいずれも1位、教師設定の回はいずれも最下位。

【個人的なオススメ回】
●カッコイイ●
・カッコいい観覧車でのキスの仕方
・バレンタインに彼女へ贈る手作りサプライズスイーツ
・冬の朝、彼女のステキな起こし方

▲ブサイク▲
・カッコいい(カラオケでの)キスの仕方
・スケート場でのカッコいい声のかけ方

【感想】
得意分野はサプライズ・流行モノ。服選びや誕生日の飾りつけ&手作りケーキなど女子を喜ばせる点では藤ヶ谷さん・玉森さんと互角かそれ以上だと思う。
甘いトーンの声が千賀劇場の仕上がり具合によって時々「キモイ」と称されるのが残念な点ではある。
千賀さんこそはじめはチャラさが目立つ印象だったけれど回を重ねて見てみると違った。浮気がばれた時に言い訳をせずお辞儀をして謝ったり、不味いリアクションをするために敢えて意味不明なメニューを指定したり、1位を獲って涙したり、純粋で素直な人なんだろうなと思った。
「俺の世界はマイコを中心に回っている」的なものをベースにしたら上位を狙えるんじゃないかと勝手に思っている。2015年4月以降も引き続き誰にも真似できない千賀劇場のクオリティが気になって仕方がない。

 

前半だけで軽く3000字を超えてしまった。
ということで次回後編↓へ続く。

atticroom43.hatenablog.com