読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

キスマイBUSAIKU!?を勝手に考察してみた ~後編~ (2013.04 ~ 2015.03)

前回からの続き。
ということで2015年3月までのキスマイBUSAIKU!?に関して勝手に考察してみた。
今回は後編。前編を読んでいない方は↓まずはこちらから。

atticroom43.hatenablog.com

 

横尾渉

【考察】
時々上位にランクインするけれど基本的には5位が定位置。
大事な場面では噛むことが多く下位になると“バカっぽい”“顔w”“カタコト?”というコメントを見かける。VTRの内容としてはそこまで悪くないと思われるが若干中身が薄いことと舞祭組メンバーのVTRが濃いこともあってあまり印象に残らない。
女子への対応力とプレゼン力の低さも下位獲得の原因だと考えられる。
得意分野は料理で、メンバーとの圧倒的な力を見せつけて1位・2位を獲得する。
イカを捌いてブイヤベースを作ったり手作りの飴細工やジャムをトッピングしたクレームブリュレを作ったりと本格的。普段のVTRと料理回のVTRとのギャップに胸キュンする視聴者が多いのではないかと推測する。
またマイコ不在のメールの回・マイフェチランキングなどでは、端的かつ誠実な文面で上位を獲得し“メールイケメン”と称される。
要はマイコがいなけりゃ強いのだ。とはいえVTRの多くはマイコありで構成されるので演技での不自然さ改善が上位獲得のカギとなりそうだ。

【個人的なオススメ回】
◎超カッコイイ◎
・風邪をひいている彼女への手料理
・仕事で疲れて帰ってきた彼女への夜食
・働く彼女に作ってあげるお弁当
・彼女のテンションが上がる朝ごはん
・寒い冬に彼女と食べたい鍋
・バレンタインに彼女へ贈る手作りサプライズスイーツ

●カッコイイ●
・元カノとヨリを戻すメール
・キッチンでのカッコいいキスの仕方
・カッコいい「ドライブデート帰りのキス」の仕方
・彼女とドライブ中のカッコいい車庫入れ
・スケート場でのカッコいい声のかけ方

▲ブサイク▲
・彼女からの男が困る3クエスチョン
・彼女をキュンとさせるボウリングデート
・服選びに悩んでいる彼女へのステキなアドバイス

【感想】
基本的に自分からは多くを語らないスタンスが好きだ。
料理では風邪で雑炊が食べづらいマイコへ具なしの茶碗蒸しを作ったり、消化や栄養面も考えられていたりと配慮が行き届いている。料理回は全て必見なので是非チェック。
キッチンでのキスやスケート上での声のかけ方などごく稀に男性的な一面を出してくる。藤ヶ谷さんや玉森さんほど頻繁ではなく“ごく稀”なので不意打ちで胸キュンしてしまい困る。
演技力・絵文字に左右されない文章のみのメール回では、シンプル・ストレート・誠実そうな文章の行間に人柄が見えた気がして惹きこまれた。
佐野アナウンサーが“横尾節”と称した「~してあげる」という口グセは上から目線に感じることもあるので「~するよ」と言い方を変えるだけで高感度が上がるのに…と若干残念に思う。
ちなみに記念日やサプライズにこだわっている割にはマイコとの会話でサプライズがバレるという展開が多いと感じるのは私だけだろうか?
しかしながら横尾さんは下位でもメンバーからは褒められるので愛されキャラだなと思う。この横尾さんの甘やかされ現象に「ワタコール」とでも名前をつけたい。

 

宮田俊哉

【考察】
1位の獲得回数は少ないものの実は2位の獲得回数は割と多い。
ただし下位のブサイクなVTRがかなり衝撃的で印象に残るため上位のVTRの印象が薄い。常に笑顔なので「ヘラヘラするな」「キモイ」と辛辣なコメントをされることもあるが、彼の代名詞とも言える笑顔が武器になるのは疲れたり気弱になったマイコを気遣う回。またメール対応では上位にランクインするなど演技以外でも優しさ・気遣いなど人柄で勝負できる回は強い。
1年間のブサイクシーン総決算VTRの多くを占め、千賀さんに「宮田の割合多くね?」玉森さんに「このDVD欲しいんだけど!」と言われるほど名シーンが多い。
最下位争いが多いのは“演技力”と“アニメなどから培った独自の世界観”と壁ドンやツンデレなど“女子の憧れや女心に対する間違った解釈による演出”が原因だと考えられる。
ただこの演技を楽しみにしている視聴者やゲストも多く、番組の面白さを支えていることを忘れてはならない。

【個人的なオススメ回】
●カッコイイ●
・カッコいい看病でのキスの仕方
・35歳の誕生日に「私もうオバサンだね」とつぶやく彼女を喜ばせる対応
・バスで帰宅途中にカッコ良く家に誘う方法

▲ブサイク▲
・カッコいい家への誘い方
・カッコいい「ドライブデート帰りのキス」の仕方
・バレンタインデーに逆チョコを渡して愛の告白
・カッコいい壁ドンキス

【感想】
番組開始時からミュージカル風に傘を投げ出したり、携帯を折ったりと一般的に「これはないな」「ベタだな」と思えるパターンで自信を持って1位を狙いに行くあたりが宮田さんらしい。
ネットなどを見ても「宮田さんならやってくれるだろう」というカッコ良さよりも面白さへの期待が高く、何だかんだ言われつつも周囲にそのキャラが愛されてるなと感じる。宮田さんに関してはこの振り切った感がとても面白く下位のオススメVTRを挙げればきりがないので総集編でまとめて見ることをオススメしたい。
笑顔で場を和ませたり真剣に話す姿に好感が持てるし見ている側も笑顔になれる。上位は藤ヶ谷さん・玉森さん…と層が厚いけれど頑張ってほしい。

 

二階堂高嗣

【考察】
初期は6位・最下位の獲得回数が多かったが全国ネット以降は徐々に上位~フツウの獲得回数が増えてきた。
名前の上に「7位の常連」と書かれたこともあり連続して最下位になった際はカメラが回っているにも関わらず本気で凹み「帰りたい」と呟いたり、5位以下の発表になると「これより下?」と発言する姿が見られる。
その点からも彼の1位獲得に対する熱意がうかがえる。ただし世間一般的な感覚とは少しズレがあるようで、度々周囲がドン引きするようなVTRが生まれている。
アドバイスなど“人を励ます”シチュエーションでは強く上位にランクインする。教師や部下などマイコより少し上の立場にいる回ではそれが格段に活きてくる。
またスポーツが絡んだ回では運動神経の良さをアピールできている。
女子の胸キュンポイントを抑えることができれば
“テーマ発表時に「自信あるよ」と意気込みメンバーにガヤを入れつつ最終的に最下位を争う”から良い意味で“上位にランクインして「ほら祈れよー」と高みの見物でガヤを入れる”パターンも増えるのではないだろうか。

【個人的なオススメ回】
●カッコイイ●
・結婚式直前に新婦にかける言葉
・自分に憧れる教え子に贈る言葉
・彼女をキュンとさせるプリクラデート

▲ブサイク▲
・カッコいい観覧車でのキスの仕方
・カッコいい壁ドンキス
・結婚式直前の花嫁に禁断の告白

【感想】
二階堂さんの考える“カッコイイ”は自分の予想のはるか斜め上を行くのでいつも驚かされる。面白さを前面に押し出た宮田さんがクローズアップされることが多いけれど、二階堂さんのVTRも同じくらい衝撃的。
ガヤ担当となっているが順位関係なく自分が良いと思ったVTRには賞賛のコメントを寄せるなど素直な部分に好感が持てる。
時々出てくる名言にグッとくる。相手を励ます言葉に押し付け感がなくかつ優しさを感じる点も素敵。
1位を獲るために自前で冷えピタを買ってきたり、流行を調査してきたりと前準備にも力を入れているようなので今後もガッツいて1位を狙ってほしい。
個人的な意見としては二階堂さんが考えるカッコ良さはブッ飛んでいて嫌いじゃないのでそのまま無邪気に自分の路線を突き進んでほしい。

 

2015年4月以降は…

2015年5月現在。
未だにVTRの最後にキスマイの曲が流れないので若干盛り上がり具合に欠けるように感じる。またマイコに有名女優を起用した回は境界線を引いてドラマとして入り込まず客観視している気がする。
ゴールデンに昇格したゆえの演出かもしれないけれどやはりVTRの最後はキスマイの曲がいいなと思う。

ということで今回も余裕で3000字を超えた。
キスマイBUSAIKU!?から始まる1週間もやはり楽しい。