Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

壁ドンの次は死角ドン?キスマイBUSAIKU!?から派生した“ドン”・“ズン”シリーズをまとめてみた

壁ドンとは隣人の騒音に対して煩いことを伝えたり壁を叩いて反撃することだと思っていた。それが学生くらいの若い世代では恋愛テクニックだと知ったのは昨年のこと。
ここ数年の間に“壁ドン”の定義が変わっていた。

壁ドン・肩ズン・袖クルetc...
いろんな言葉が次から次に出てきて、個人的にはもはや恋愛テクニックの名称なんて何でもいいのではないかと思うのだけれども。

キスマイBUSAIKU!?でも“壁ドン”と“肩ズン”の回はあるけれど、その他の回でも“ドン”・“ズン”と称される恋愛テクニックが披露されていた。
そこで使えるか使えないかは別にして、番組で披露された様々な恋愛テクニックを“ドン”・“ズン”シリーズに限定してまとめてみた。

※2015年5月25日に“袖クル”が放送されたので一応“クル”も追加した。
※それが実際の恋愛で功を奏すかまでは責任が持てないので、試すか否かは個人の判断に委ねる。ここ重要。

壁ドン・肩ズンから派生したもの一覧(メンバー別敬称略)

共通:壁ドン・肩ズン・袖クル
北山:あごズン
千賀:耳ズン
宮田:頭ドン・手首ドン・ダブル肩ズン
藤ヶ谷:机ドン・死角ドン  ←New!
二階堂:柵ドン・恐怖の肩ズン

※今のところ玉森さんと横尾さんのVTRコメントからは見当たらない 

用語解説

※以下は関係性を特定しない“男性”“女性”で表記している。

壁ドン
男性が壁に手をドンとかけて壁際に女性を追い詰めること。
一般的には顔が近づくほどの至近距離まで近づき、告白・もしくは愛を囁く動作まで含めて“壁ドン”とされる。ただ追い詰めるだけでは単なる脅迫・恐喝行為になりかねないので注意。

肩ズン
女性の肩にもたれかかって顔を寄せ弱音を吐くことで母性本能を刺激し普段とのギャップに魅力を感じさせること。ただし普段から頼りがいのある姿を見せておかなければならない。ポイントは“普段の頼もしさ”とうっかり見せる“弱音”。割合にして9:1くらいだろうか。弱音と愚痴は異なるので注意。
母性本能を刺激しないパターンならば電車内では日常的な風景のような気もする。

袖クル
女性が着ている服の袖を背後からクルクルと捲ること。
このワードが登場した映画のシーンから一般的には“男性用のパーカーなどを来た女性の袖を捲る”イメージが浸透しているようだ。
背後から袖を捲ることで男性の腕に収まり顔・体の距離が近くなることがポイント。“男性の腕に収まること”を考えると男性の理想の身長は“女性の身長+20~23cm”らしい。

あごズン
女性の肩に顎をのせること。肩ズン回でマイコを演じた釈さん曰く、肩ズンより顔が近くにありドキッとするのが好ポイントなのだとか。

耳ズン
肩ズンが上手く出来なかった場合の名称。肩ズンが下手で女性の肩に顔ではなく耳が乗った状態を指す。寄りかかり具合が不十分であることが原因だが、場合によっては可愛らしく見える。

手首ドン
女性の手首を持って上に上げつつ壁に抑えつけること。女性は動けない上にワキが丸見えなので恥ずかしい。宮田さんが「壁ドン→手首ドン→頭ドン」の3段活用で披露したテクニック。かなり引く“ドン”なので余程際立ったキャラでない限り活用は難しいと思われる。

頭ドン
すでに壁ドンなどで女性を壁に追い詰めた後、男性が壁に頭を突いてさらに女性の動きを抑えること。単独では使わずに壁ドンとセットで使う。

ダブル肩ズン
男性と女性で互いに肩ズンし合うこと。番組のVTRではお互いに向き合った状態で肩ズンし合いキスをした流れから笑いが起こり「ある種事件だ」「何を考えているの?」とコメントされた。

机ドン
机をドンと叩いて女性の告白を遮り、自分の流れに持ち込む動作。机がある環境で互いに向き合っている時のみに使うことができる。女性からの告白をなかったことにすることも、流れを変えて女性からではなく自分から告白することもできる。相手が座っているなら自分も座るなど目線を同じ高さにすることが重要。

死角ドン
建物などの死角を上手く利用して距離を縮める胸キュンな仕草。壁ではなく僅かな死角に追い詰めることによって女性と急接近すること、周囲からは見えず2人だけの空間になることが胸キュン度を上げる。

柵ドン
スケート場のリンクで休憩している女性の元へ猛スピードで突っ込み格好良く至近距離寸前で止まること。そして驚いた女性へ告白すること。「これからの人生というリンクを僕と滑りませんか?」はおそらく9割以上の確率ですべると思われる。

恐怖の肩ズン
背後から近寄り女性が振り返ったところでものすごい勢いで寄りかかる肩ズンのこと。女性が振り返り向き合った状態で肩ズンされるので壁に追い詰められなくても逃げる隙なし。