読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

ゆるーく横尾担始めました。

昨日Kis-My-Ft2の会員証が届いた。

キスマイのファンクラブの特典は
・コンサートチケットの優先予約
・不定期発行の会報
・番組協力への応募

らしい。
残念ながら都内在住ではないので番組協力への応募は難しい。
噂に聞いていた会報も会員証と一緒に同封されていたが、DMに等しく正直いろんな意味で驚いた。厚さも内容も比べてはいけないことくらい分かっているのだけれど。

f:id:atticroom43:20150522161001j:plain

ということで私はコンサートチケット優先予約のためだけに入会したようなものだ。
少し辛口な文書を書いたけれど、そのためだけに入会した理由もある。

 
個人的な考えとして“LIVEは生き物”だと思っている。
どんなに映像が鮮明でカメラワークが優秀であっても、テレビ画面では味わえない臨場感がある。たとえ天井席を引き当ててメンバーが豆粒サイズであってもだ。

同じセットリストであったとしても音も歌声もMCも
生でそれを聞けるのはその時だけ、その時間を共有できるのはその場所だけ。
人との出会いもLIVEとの出会いも一期一会なのだ。

だから私の好きなアーティストのLIVEは機会があれば足を運ぶようにしている。
夫もほぼ同じ考えなので時々一緒にLIVEに行ったりもする。


ローラースケートを履いた7人のパフォーマンスを自分の目で見てみたい。

バラエティ番組で横尾さんが気になって底なし沼に片足を突っ込み
キスマイを好きになり彼らの曲を聴いたり映像を見るようになった。
私が知るKis-My-Ft2はまだ画面の中だけでとどまっている。

キスマイのコンサートに行ってみたいと思う反面、アイドルのファンクラブに入会すること、さらに沼にはまってしまうことを考えるとなかなか自分だけで決められなかった。ここにきて優柔不断な面が出てきた。

実は郵便局に払込取扱票を取りに行き勢いでその場で書いてみたのだけれど緊張のあまり手が震えて全然書けなかった。終始マナーモード*1で撃沈して帰ってきたのだった。

そんな時背中を押してくれた人が2人いた。
1人は夫、もう1人はTwitterのフォロワーさんだ。

「コンサートに行ける機会が増えるなら入ってみたら?」
「一緒に沼にハマりましょう(*^^*)♡」

かけてもらった言葉が嬉しくてその日の夜に払込取扱票を記入した。
狭い備考欄に書く必要事項に推しメンを書く項目があり「横尾渉」と書いた。
何だか照れる…。

翌日郵便局へ行き無事申込み完了。夢の扉が1つ開きそうな気がする。
ネット上でクレジット決済できるなら迷いなく即決で入会したのだけれど申しこむにも郵便局からのみというアナログさに驚いた。

7人のパフォーマンスを自分の目で見てみたい。
特にローラースケートを履いた横尾さんのパフォーマンスを見てみたい。

純粋にそう思う。

横尾さんのやることなすこと全てに可愛い・カッコ良いとは言わないし、誕生日なんてこのあたりで1人でコソッと祝うくらいだし、CD・DVDは複数買いしないし、ミニマリストなのでグッズも基本的に集めないし、担当の定義だとかジャニーズ関連色々と疑問だらけだし*2
でも横尾さんが好きで、これから先ジャニーズで横尾さん以上に好きになる人はいないだろうなと思うのでゆるーく横尾担を始めてみることにした。

いつになるかは分からないけれど、
夫婦揃ってKis-My-Ft2のコンサートに参加できる日が来ることを楽しみにしている。

*1:極度の緊張により師匠(横尾さん)が喋れない状態に突入すること。から転じてここでは緊張のあまり手が震えて何度も記入ミスする事態に陥ること。

*2:脚注というより余談。偶然検索でひっかかったこの論文が面白い。
ジャニーズファンの思考 - HERMES-IR - 一橋大学