読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

【感想】部活のマネージャーに愛の告白(2015.7.6.OA)

前回の放送から2週間休みで実質3週間待ったキスマイBUSAIKU!?。
今週のテーマは 「部活のマネージャーに愛の告白」。
110mハードルを跳んだ後に後輩のマネージャーであるマイコに愛の告白をするという設定だ。今回のランキングの基準は“フォーム”“跳び方”“キュンとする告白”らしい。
(ちなみに3月20日の100m走の回ではタイム順のランキングだった。)

一生懸命にハードルを跳ぶ姿を見て笑ってはいけないと思いながらも笑ってしまった。
歌いながら踊ったりローラースケートを履いてパフォーマンスをするので全員運動神経は抜群だと思うのだけれど、跳ぶ姿を見るとやはりハードル走(陸上競技)って難しいんだなと思った。

今回のVTRは通常ランキングよりもキスブサ能力ランキングに分類されるので端的にまとめる。
※オンエアのランキング順に記述。

 

3位: 藤ヶ谷太輔

[Time] 20秒72
跳び方はさておき歩幅は一定であまり違和感なく一生懸命さが伝わってきた。
フォームの改善点がいくつもあることを口実に「今後も練習につきあって」と会う理由を自然な流れで作り出す。ここだけ見ても十分チャンスを掴みに行ってる感がするのだけれど、マイコの優しいところが好きと言いつつも改めて「というよりマイコが好き」と直球で告白する潔さが良い。

 

2位: 二階堂高嗣

[Time] 20秒26
ハードルを跳ぶ際の足は異なるけれど100m走の回同様にフォームが綺麗に見えた。
最後のハードルを倒したものの「これからマイコが倒れそうになったら俺が隣で支えるから俺が倒れそうになったら隣で支えてほしい 俺と付き合って」と機転の効いた告白。二階堂さんの爽やかさに上記にセリフを文字起こししてしまったくらい素敵だった。
夫は「最後のハードル、告白のために敢えて倒したんじゃないの?」「え!これが2位?1位でいいんじゃない?」と言っていた。二階堂さんが上位に入ると嬉しいらしい。

 

4位: 千賀健永

[Time] 21秒49
歩幅が小さくハードル間の歩数が多いので「マリオみたい」というブサイクコメントが的確な表現に思える。今回も走り終わった後にプチ千賀劇場が開演。
マイコの中の高ーい恋のハードルはさらに高くなった気がする。プチ千賀劇場がなかったら『跳び方可愛かったな』くらいの感想だったかもしれない。北山さんの「やべー地獄だ、地獄」に思わず頷いた。

 

5位: 横尾渉

[Time] 21秒79
次回予告のVTRで下からのアングルが格好良かったので1位だと思っていた。
そのためハードルを跳ぶ際に足をグキッとひねって左足だけ内股になる姿に思わず笑ってしまった。予想外だったので仕方がない。
手足長いしスタイルも良いのだけれど、息が上がりすぎて告白よりも横尾さんの体力が気になる。彼氏彼女として毎日一緒に帰りたいからつきあうの?“マイコが好きだから”じゃないの?と告白の内容に疑問を抱きつつもそれよりも何よりも体力が心配。

 

6位: 宮田俊哉

[Time] 23秒19
2段構えのスタートから笑いそうになった。終始苦しそうでハードルを跳ぶ際の唸り声のオッサン度に驚く。ゴール後に倒れ込んで「マイコ好きだー」と叫ぶ演出は漫画みたいでベタだけれど、そのあたりは『今日も宮田さんは平常運転だ』と思えるくらいに慣れてきた。
マイコと一緒でもエベレストは越えられないし、それ以前に“マイコの高ーい恋のハードル(by 千賀健永)”さえ越えられないと思う。

 

7位: 玉森裕太

[Time] 24秒49
100m走の回を見ていたので7位は玉森さんだろうなと予想はしていた。
1つ目のハードルで歩幅が合わなかったり着地に失敗しよろけてこけそうになる姿はアイドルとしての玉森さんから想像がつかなかった。後半は立て直したものの記録は最下位。そしてここから玉森ワールドへ突入。
今までで一番遅かったタイムに「やっぱりか」と一言。マイコとの陸上生活を思い出し集中できなかったとマイコのせいにしつつ、記録よりも記憶をマイコと残していきたいと告白。さっき見たハードルを跳ぶ姿が最初の記憶に刻まれることになるとは…正面からのハードル走VTRを見て肩が震えるくらいに笑った。
舞祭組じゃないけれどブサイク総集編で使われそうなVTRだった。

 

1位: 北山宏光

[Time] 19秒59
VTRは110m走と愛の告白だけじゃないと思わせてくれたのが北山さん。
ハードルを跳ぶ前にマイコと入念なストレッチで自然なスキンシップが良い。ハードルはいくつか倒したものの、勢いがあり跳ぶ姿が格好良い。
マイコと友達やめるといった時のワイプに映った藤ヶ谷さん少し笑って何かを察していたようだ。ツンデレは藤ヶ谷さんと玉森さんの得意技。まさか北山さんがこの場面でツンデレな面を出してくるとは思わなかったけれど新鮮で良い。

 

感想

ランキングをよく見てみると偶然なのかタイム順だった。
やはり告白の内容よりもハードルの評価の割合が多いということだろうか。

3位・2位の発表の後で流れから急に1位は誰かと言う話になり、私は横尾さん、夫は北山さんだと予想した。今回は夫の予想が的中したのだけれど、我が家では何かと横尾さん・北山さん・二階堂さんが推される傾向にある。
それにしてもハードル回予告の横尾さんの格好良さは何だったのだろうか。あの予告に横尾さんが1位だと確信していた横尾担は少なくないはず。


全国ネット2期も3ヶ月を過ぎた2015年7月現在、
ブサイクスタンプがないのは藤ヶ谷さんと横尾さん。
北山さんに「走りにだいぶ助けられてる」「スポーツができるだけ」と負け惜しみをした7位の玉森さんは今回の最下位でブサイクスタンプ3個目で獲得数最多。
4月以降は各メンバーのランキングの変動が大きいので面白い。

次回は「夏のプールで女友達を大胆な気持ちにさせる誘い方」。
藤ヶ谷さん・玉森さん・北山さんが得意としそうなテーマだなと思いつつ舞祭組に期待している。