読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

横尾担にオススメしたい1冊 「植物図鑑」 有川浩 著

先日「レインツリーの国」が玉森さん主演で映画化されるのを知って、元々読みたかった「ストーリー・セラー」と一緒に読んでみた。
主人公の伸はスパーンとした関西弁から関ジャニ村上さんのイメージだった。玉森さんの関西弁を喋る姿は想像がつかないけれど、猛特訓しているという記事をどこかで見かけたので少し気になっている。

同時期に「植物図鑑」も2016年に映画化されることを知った。
この本は映画化が決まる前から持っていて何度も読んでいるので気になる。
↓ネタばれなしでとりあえず簡単な説明のみを紹介する。

植物図鑑 [ 有川浩 ]

価格:1,620円
(2015/8/10 17:39時点)
感想(68件)

ある日、道ばたに落ちていた彼。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」「―あらやだ。けっこういい男」楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる―。書き下ろし番外編に加え、イツキ特製“道草料理レシピ”も掲載。

EXILEの岩田剛典さんと高畑充希さんが主演らしい…ディア・シスターを観ていたので何となく“イツキ”はイメージできる。“さやか”も何となく…。

映画化前に原作を読んでいる私の頭の中では別の2人で映像化されていた。
道端に落ちていた彼“イツキ”は横尾さん。
彼を拾った彼女“さやか”は新垣結衣さん。

料理が得意な点・躾や礼儀に細かい点・けっこういい男である点が当てはまる。
セリフを噛むか噛まないかは脳内で勝手に修正されるのでその点は心配していない。
料理も掃除もできる同居人。時々家主に向かって説教する横尾さん同居人。
なんて素晴らしいんだろう。
横尾さんに上記のセリフを言われたら迷わず拾う。即決する。
あ、前髪アリの短めストレートの横尾さんで。

https://pbs.twimg.com/media/CKMZvBiUYAA6I_z.jpg

そして“さやか”は20代の透明感・イツキに振り回されがちな点・恋したら意外にも純情そうな点から、全開ガールやリーガル・ハイでコミカルな演技が上手いなと感じた新垣結衣さんが一番最初に思い浮かんだ。

勿論、自分に置き換えても楽しめると思う。 横尾さんに限らず、小説はその文章から身近な人・好きな人・自担を当てはめてみると面白い。

有川浩さんの「植物図鑑」。
キスマイBUSAIKU!?、もしもツアーズ、ダウンタウンDX、プレバトなどの番組で料理上手な一面を見てきたであろう横尾担にオススメしたい1冊である。