Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

【感想】 ヨリを戻したい元カノへカラオケ中に告白(2015.8.17 OA)

今週のテーマは「ヨリを戻したい元カノへカラオケ中に告白」。
友人に誘われた食事会で偶然元カノと再会し、未だに彼女のことが好きな気持ちをカラオケと共に伝えるという設定だ。
今回歌詞でマイコに伝えたい部分はピンクのテロップで表示され、どんな選曲・言葉で告白するのかがポイントとなる。

全国ネット2期で初のカラオケ回が来てしまった。
ついにあの日が…横尾さんの名札にブサイクスタンプが付く日がやってくるかもしれないと思うと落ち着かない。本人でもないのに。
今までの“マイコに歌で気持ちを伝える系”の回は聞いている方がなんだか恥ずかしくて誰かと一緒に観るには少し抵抗がある。マイコでもないのに。

ただ、良くも悪くも何かの機会に元彼・元カノと再会するというシチュエーションは実際にありそうなので考察してみると面白いかもしれない。

※オンエアのランキング順に記述。

 3位:玉森裕太

★選曲「長い間」(Kiroro)
選曲がとても良い。バラードで耳が自然に歌詞に集中してしまう。つき合っていた頃を思い出して目が潤みそうなマイコに、「好き」だとか今までは言えなかったことをこれからは伝えていきたいと告白。ここで早速「マイコのことが大好きです」とストレートに伝えるあたりがすごく良い。今彼がいない限りこれを断る女性は少ないと思われる。3位で嬉しいけど7位観てるみたいだったとコメントする玉森さんが可愛い。

 

2位:藤ヶ谷太輔

★選曲「One more time, One more chance」(山崎まさよし)
選曲の良さもさながら藤ヶ谷さんの表情がとても好きだった。会話の間や視線、距離やぎこちなさがリアルだ。歌詞がそのままマイコへの告白の言葉になるくらいはまっている。別れた後もマイコの姿を探してしまう藤ヶ谷さんの「やっぱ俺 マイコじゃなきゃダメだわ」に全国のマイコさんが羨ましくなる。山崎さんの歌声も良いけれど藤ヶ谷さんが歌う「One more time, One more chance」は優しくて心地いい。今回、至近距離じゃなくてもマイコどころか視聴者のハートを射抜ける藤ヶ谷ゾーンを新たに発見した。※今週の個人的1位はこのVTRだった。

 

4位:千賀健永

★選曲「Jewelry day」(絢香)
歌詞に注目して聴いてとムードの押し売り感が残念。「久しぶりに隣に行っていい?」と距離を詰められ逃げ場がない。甘い歌声で悪くはないのだ。悪くはないのだけれどマイクさばきに“ヒゲ剃ってるみたい”“ジョリジョリ(笑)”“自分に酔ってる”“ヒゲ剃り終了!”とブサイクコメントが付き歌詞が全然入ってこない。思い出を過去のものにしたくないから戻ってほしいというやや一方的な告白も全然入ってこない。マイコにとっては“ただの食事会”と告白がなかったことにされるかもしれない。4位で辛辣なブサイクコメントがつくとは…。

 

5位:宮田俊哉

★選曲「キラメキ」(wacci)
曲が始まる前にマイコの近くへ行くのは千賀さんと同様だけれど千賀さんは“断りあり”パターン、宮田さんは“断りなし”パターン。距離が詰まるのは若干気まずく気がついたら近くにいるのは怖い。選曲はマイコの知らないアニメソング。良い歌だ…でも告白するならマイコの知っている歌が良いのかもしれない。割と良い雰囲気の中でもう一度マイコの手を握らせてくださいと言った宮田さんの言葉がどうしても告白ではなくセクハラのように思えてならない。何かと緊張と動揺が隠しきれない宮田ワールドは嫌いではない。

 

6位:横尾渉

★「白い雲のように」(猿岩石)
久しぶりだねとマイコと会話する横尾さんの顔がシャンパンに隠れてよく見えない。こういうカットが普段から割とあるのでもう慣れたけれど…なんて思いつつ曲のイントロを聴いて吹き出した。元カノマイコに告白するために選んだのは恋愛の曲ではなく横尾さんの十八番。1度のカラオケで3回は歌う十八番なのだ。歌詞でマイコに伝えたい部分は1つもないのは選曲ミスとしか思えない。マイコがいないと何もできないからもう一度つき合ってと告白するも雰囲気が暗く重い。そんな雰囲気が続いて白い雲のようにを歌い始めたところで笑いが止まらない。やはり告白にムードは必要なのだ。
とりあえず6位という結果に「っっしゃぁぁーーー!!」と喜んだ横尾さん。これはマイコへの告白よりブサイクスタンプを回避するための選曲だったんだなと。

ここで残るのは北山さんと二階堂さん。

 

7位:北山宏光

★選曲「離したくはない」(T-BOLAN)
一言目の「久々だね」からチャラい。何か歌おうよと言いながら宮田さんパターンで距離を詰めてくる。選曲が昭和・重いとコメントが並ぶものの元カノ宛でなければそう悪くはないように思う。佐野アナウンサーも「歌良い」と褒めている。そして“皆とは違うアプローチ”が始まるのはここから。つき合っている時にマイコが欲しかったものを持っていると言う北山さん。手元には何もない…と思ってたらネックレスを外し取り出したのはペアリング。照れながらずっと気持ちは変わってないからと告白する姿にドン引きした。歌よりアプローチが昭和かもしれない。横尾さんに「歌が上手い分なんかすげぇキモく感じる」と言われる始末。

 

1位:二階堂高嗣

★選曲「卒業の歌、友達の歌。」(19)
マイコも知っている懐かしい曲を選び、雰囲気が良くなりつつあるタイミングで隣に座っていい?と聞いて近くに座った。マイコが今でも大好き・だからもう1回つき合ってくださいとストレートに告白。他のメンバーのVTRと少し違うのはマイコと再会した時の“気まずさ”みたいな感情ではなく“嬉しい”感情が顔に出ている点だ。マイコとの会話や告白の間で見せるはにかんだ笑顔は素敵だし、その笑顔が良い雰囲気を作っている。石川遼さんがいても二階堂さんを“ハニカミ王子”と呼びたい。

先週の「話題のスポッチャでスポーツデート」での1位に引き続き、2週連続1位だ。キスマイBUSAIKU!?開始からしばらくは割と最下位争いが多くてふてくされる姿を度々見てきたし、開始から2年で初めての1位獲得で佐野さんとハグして喜んでいる姿も見ているので自分のことのように嬉しく思う。

 

元カレ・元カノとヨリを戻すには?

偶然食事会で再会してカラオケでアプローチする確率は極めて低いと思われるけれど0でもなさそうなのでキスマイメンバーのVTRから箇条書きで書き出してみる。
食事会の際は誰かが席を立たなければ2人きりになれない点を考えると
・選曲が重要。
(共通の思い出の曲・知名度の高い曲で歌うだけで相手に思いが伝わるような歌詞を選ぶ)
・距離は敢えて縮めない
(近くに座りたい場合は相手に聞いてみる
・告白する機会があれば簡潔に
(ストレートにわかりやすく告白するのがベスト
・ぎこちなさよりも嬉しさを
(再会できて嬉しいという気持ちを前面に出した方がいいのかも。ただしチャラいのは厳禁
・モノには頼らない
(偶然の再会でないとは思うけれど手持ちのものをプレゼントされるのは怖い

こんなところだろうか。

 

来週のテーマは「デート中の修羅場の切り抜け方」。
これは参考になるかならないかは別として今週よりもよりリアルなテーマで7人の個性が出そうな気がする。