読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

なぜ横尾渉の自撮り写真にショックを受ける人が続出したのか考察してみた

9月7日に放送されたキスマイBUSAIKU!?。
マイコと思い出に残る自撮り写真デートの回は視聴して以来の衝撃だった。
なぜなら横尾さんがシャッターを切る瞬間に不意打ちでマイコのほっぺにチューをしたからだ。いつものカメラアングルを利用した“エア”キスではなく頬に触れたのだ。

ちなみにVTRは3位から流れこの回の横尾さんは3位。
つまり放送開始からこのVTRを見て呆然としてしまったのだ。
以降、最下位の二階堂さんの水彩画アプリあたりまであまり記憶がない。

放送終了後に夫に
「今日横尾さんマイコにほっぺにチュしててなんか心がザワザワするわー」
と言ったら
「………は?ついに恋でもしたの?(大爆笑)」
とお腹を抱えて大爆笑された。

結婚をして夫がいるしアイドル相手に恋愛感情は一切ない。
横尾さんは好きだけれど“好感度”が高いのであって、一言で“好き”と表現しても“好き”の種類が根本的に違うのだ。

それなのに何とも言えない変な気分。
しかしTwitterで同様の反応をしている人が大勢いたのである意味安心した。
私、変じゃなかった…そういった意味での安心感も含めて。

なぜ横尾渉の自撮り写真にショックを受ける人が続出したのか。
今週のキスマイBUSAIKU!?を基に少しだけ考察してみたい。

免疫がない

そう、ただ単に免疫がないだけ。
藤ヶ谷さん・玉森さんはドラマ出演もあり普段から恋愛テクニックを惜しげもなく披露するので慣れている。2人が横尾さんと同様のことをやったところで何ら驚くことはなかっただろうしむしろキュンとしていたはず。
普段そういう振る舞いをしない横尾さんだからこそ不意を突かれたのだろう。

そうだ。よくよく思い出してみると初期はキスするのにも家に誘うにも「大丈夫!」の一言で押し切ろうとしていた。初期のチャラい横尾さんが久々に、本当に久々に出てきたので少々困惑したのかもしれない。

 

見るはずのないものを見せられたことに対する衝撃

ドラマやVTRなどで自担の恋愛模様を見たいか見たくないかは人それぞれ。
見たくない場合は“敢えて番組を視聴しない”など事前に対策を取ることができる。
例えばあらかじめ“キスするシチュエーション”であることが分かっているならば見たくないもの(見るはずのないもの)を回避することは可能なのだ。
ところが横尾さんの自撮りVTRに関しては中盤を過ぎても普通にほのぼのとしていてシャッターを切る瞬間のキスだったので回避しようにも回避しようがなかった。
ましてやアングルによる“なんちゃって”じゃない直接頬に触れたキスだったのでその衝撃は大きい。しかも不意打ちキスを見た時は『今何が起こった…?』程度だけれど時間の経過とともにジワジワとくる。

ジャニーズってドラマに出演しない限り“エアキス”だと思っていたので意外だった。
その点でドラマに出演するメンバーの担当はメンタル面が強いなと感心する。

 

アイドルではない男性的な一面が見えてしまった

たかがほっぺにチュ。
されどほっぺにチュ。

『あー、横尾さんってこういうカンジでキスするんだ…』
と頬ではないキスもなんとなく想像できてしまう。
“アイドル横尾渉”のスキマから“アイドルではない横尾渉”が垣間見える。


やはり何だかんだ言われつつもアイドルなのだ。

 

雑感イロイロ

横尾さんの自撮り写真VTRにショックを受ける人が続出した理由は主に上記の3つではないかと考察した。

よく考えてみれば白雪姫のiPhoneケースやジェラピケのパーカー、レスポのポーチにDiorの化粧水、HACCIのリップetc...
番組のVTRや特典映像・雑誌に登場する私物の数々に彼女いる感が漂っていても誰も何も言わないのでこれではないような気がする。

個人的には3つ目の理由が強かったのだと思う。
恋愛対象としても見ていない分『こんなことするんだ…』といったギャップが心をザワザワさせていたのだろう。
あれこれ考察していて思ったのは


上記のスタイルは基本的に初期からあまり変わっていない。
違うのは1位を獲ったキッチンでのカッコイイキスぐらいではないだろうか。
考察するために同じ行動を時系列に見るのは意外にも楽しかった。

大体の理由が分かるとあまり動揺しなくなるもので今後は今までとは違った見方・楽しみ方もできそうだ。