読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

Sha la la☆Summer Timeの発売で知る応援のスタンス

先日のキスマイのI SCREMツアー福岡公演から2週間。
あと2つほど記事を書きたいと思っていたのだがその間に割って先に書き綴る内容があるのでまとめておきたい。ただし今回の記事関しては明確な結論が出ているわけではないので読後モヤッとする人が出るだろう。気にならない方のみ読んでいただきたい。

 

8月24日(水)にKis-My-Ft2の「Sha la la☆Summer Time」が発売された。
音楽番組・ラジオ番組、コンサートでも披露された爽やかな曲でこの曲もまた“いつも通り”だと思っていた。いつも通り“初登場1位”の予定だった。

しかし8月24日のデイリーランキング1位を飾ったのはKis-My-Ft2ではなかった。
BOYS AND MENという男性アイドルが同日にリリースした新曲だったのだ。

申し訳ないことに私はBOYS AND MENの存在を知らない。
そのためWikipediaはじめファンブログなどいくつかのWEBサイトを通して彼らの情報を得たわけだが、東海地方を中心に活動しているご当地アイドルで24日発売の新曲がメジャーデビューとなり新人賞を狙える大事な1曲だったらしい。

彼らもまたキスマイと同様に下積みの長いアイドルだった。

Kis-My-Ft2とBOYS AND MENの売上において某SNSでの反応は様々だった。私はキスマイが好きなのでBOYS AND MENファンの反応がどうであったかは割愛しキスマイファンの反応についてのみ書いておく。

発売日24日の「Sha la la☆Summer Time」のランキングが2位という結果にもっとCDを買ってキスマイを1位にしようという運動が起こった。ちなみに今回BOYS AND MENは12形態、キスマイは3形態、形態数は違えど『複数形態 対 複数形態』である。
キスマイに関しては3形態コンプリートで期間限定ではあるがスペシャルムービーを見ることができる。

キスマイファンの中にはBOYS AND MENの売り方が汚いと呟く人もいたけれどキスマイも以前は11形態で販売したことがあるのでその点に関してはとやかく言える立場にはないと思うのだ。そのような“他アーティストに物申す”人を差し引いてもキスマイファンの中には少なからず温度差があった。

・さらにCDを買ってキスマイを1位にしよう
・いつも通りに購入する
・お金がないから買えない
・買わない

反応は様々だったし個人的には人それぞれで構わないと思っている。

今日出演するMステのランキングがどのような基準の元でランク付けされるかは分からないが週間オリコンランキングは集計期間等明確であるしその他Twitterなどの反響も反映するランキングもあるので週間1位は期待できるのではないかと推測する。

で、キスマイ2位を受けての追加購買運動に関して某SNSは荒れていた。
「キスマイが2位なのに何でCD買わないの?」
「キスマイの5周年に傷をつけるわけいはいかない」
「キスマイに貢献したいという気持ちはないのか?」
「キスマイ2位だよ?1位にする為にCD買おうよ!」
「キスマイが2位なのにCD買わないなんて本当のファンとはいえない」

とファン総数からするとほんの一部ではあるが、ファンがファンを非難する呟きや追加購入を若干強要するに近い呟きがあったのだ。

…考えさせられる。本当に。

ここまで書いておいて何なのだが新曲「Sha la la☆Summer Time」は正直なところ好みの曲ではなかった。発売日前に期待していたスナックSHOW和もラジオ番組で聞いて多少満足したこともあり今回は見送るか特典をよく考えて後日購入でも良いかと思っていた。
今回の状況に後日購入するなら今か…と25日に初回盤を購入した。
キスマイが2位という状況に置かれても私は“曲が良ければ買う”というスタンスを崩したくない派、上記では“いつも通りに購入する”派なのだ。

購入したいと思う人・購入に余裕がある人は何も言わずにそうすれば良い。
ただそれを他人に強要するのは違うのだと思った。

キスマイは「買って聴いてください」よりも「僕らを応援してください」という言い方が多く印象に残るのだが、“応援”とは何を指すのだろうか。“純粋な応援”に加え“CD等を買って売上に貢献すること”も含まれているだろうし10代など若い世代には経済面で無理させないための優しさだろうし。応援という言葉は含み幅が広くて受け手に意味を委ねる言葉なのだなと感じる。(個人的な余談ではあるが「買って聞いてください」は違法アップロードへの警鐘的な意味もあるのかなと思っている)

 

会報だったか何かの番組だったかよく覚えていないが、誰もが知るB'zの記録が途切れた時B'zの2人は「いつかは塗り替えられる、誰かが記録を破っていくものだから記録にはあまりこだわらない」みたいなことを話していて松本さん・稲葉さん凄い!カッコイイ!!!と思ったことを覚えている。

ただその言葉に関して、言える立場の人と言えない立場の人がいることに気づいたのは遅ればせながらここ数日前だ。そしてキスマイはおそらく後者である。
20数年自分たちで作詞作曲している訳ではないし、デビューして5年、これからまだまだ色々なことを吸収し飛躍する可能性を秘めたアイドルグループである。

アイドル事務所でいくつもグループが存在し“売り上げ”という結果が今後の活動に左右されるのは言わずもがなである。人に夢を見せてくれる当のアイドルたちは常に現実を見ているのだろうなと思う。常に“今”。今結果が出なければ“これから”もないのかもしれない。

初登場1位は当たり前のことではない。
これは初日の売上枚数が2位だったからこそあらためて気づかされたことだ。

そして好きなアイドルが初登場1位ではなかった時。
ファンはどのように応援するのか?どうあるべきなのか?自分だったらどのような応援スタンスを取るのか?
これもまたあらためて気づかされたことである。
きっといつも通り“初登場1位”だったら気づかずにいただろう。

きっと“応援のスタンス”に正しい方法・結論はないだろう。
時にはあれやこれやといろんな流れが起こるかもしれないが、自分が今後もキスマイを心から応援できるような方法であればそれがベストなのだと思う。

今日のMステランキングは1位だったので少しホッとしつつ…黒衣装に身を包んだキスマイとりわけ横尾さんの帝王っぷりに息が止まりそうになりつつ。
私は私なりの応援方法を模索したいと思った。