読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

追わなくても続いていく未来があればいいのにと思った話

Kis-My-Ft2 思うこと

3月1日にKis-My-Ft2のトリプルA面シングル「INTER」が発売された。
わーい!パチパチパチパチパチ!!!!!

歌番組で披露される「Tonight」を聴いた時にはキスマイ感がなく
少年隊!?!?!?いつの時代だよ!と若干引いていたのだけれど、聴けば聴くほどトゥナイトゥナイナイが頭から離れずここ1週間は朝なのにトゥナイトゥナイナイって歌いながら出勤していた。

で、キスマイの新曲が発売されたのだがキスマイファンの様子が今までとは違うような気がする。それは「キスマイの新曲カッコ良いーーー!!」という反応だけではないということだ。端的に言えば

“キスマイ”を純粋に楽しめているファンとそうでないファンが出てきているのだ。

私の場合個人的なスタンスが確立しているので深く考えたことはなかったのだけれど“ジャニヲタを純粋に楽しめる”ということは結構重要なことかもしれない。

私はTwitterでフォローしている人が少なく良心的な方が多いので自分のタイムラインであまり目にすることはなかったのだけれど、情報収集も兼ねてあれやこれやと検索をした際に引っ掛かったツイートに思わず考えさせられてしまった。

“キスマイを楽しめなくなってきた”“新曲リリースのたびに気が重くなる”“ファンやめようかな”といった内容とそれを遡って見ると出てくる売上枚数結果と“もっと買わなきゃ!””買ってない人買って!””あと○枚買ってくる!”といったツイートの数々。

キスマイがキスマイでいられるためにファンが売上までも気にしているという現象。

こういうことは今までもあったのかもしれないけれど、昨年の追いシャララ以降より顕著になった気がするのだ。同時期にSMAP解散発表の件もあったし。

どのグループのファンの方だったか…CDが売れなければリリースの間隔が空くということをCDの売上枚数とともに統計を取っている方がいて『だからCDの売り上げがアイドル存続を左右する』って結論を出していた。偶然の一致なのか何なのかは分からないけれどその統計に確かに…と驚いたことは覚えている。

CDの売り上げがアイドルの今後を未来を支えている。

確かにそうなのだけれども。
アイドルにはずっとずっとアイドルでいてほしいのだけれども。
ファンが喜ぶはずの新曲リリースが逆にファンを苦しませている現実。

売上に貢献できるなら…と純粋に喜んでいる人・売上を気にせず個人のスタンスを貫いている人はそれはそれで良いのだ。ジャニヲタライフを満喫できているのだから。
ただ”ジャニヲタ卒業”という括りではなく、キスマイに1位を獲らせてあげたい・でも追って何枚も購入するのは…と狭間で葛藤し葛藤の末離れていくファンもいるのだ。

追いシャララから半年。
あの時キスマイは週間1位を獲得できたし売上も結構良かった。しかし追いシャララの乱で頑張って築き上げた枚数が結果として残った以上、今後はこの売上枚数とも戦っていかなければならなくなることに気づいていた人は少なかったように思う。

CDが売れない時代に初日1位で推定売上枚数が11万枚って凄くない!?
…って私は思っているのだけれど。それではダメなのだろうか。

葛藤の狭間で悩んでいる人1つだけ。
ジャニヲタライフを純粋に楽しめない時は一度SNSやネット環境から離れてみることをオススメしたい。SNSは嫌でも周りの状況が見えてしまうもので無意識のうちに周囲と自分を比較していたりする。売上枚数の結果やアイドル誌の早売り内容など自分にとって知らなくてもいい情報が飛び込んできたりするし、周囲との温度差に葛藤したり凹んだりもする。私も実際に経験したからこそ言えることなのだけれども、大好きなのに何だか楽しくない・疲れる…と感じるのは本末転倒というかとてももったいないと感じるのだ。SNSやネットから離れて自担を好きになった頃の曲を聴いたり番組を観たりしてキスマイの好きなところを再発見してほしい。マイペースに好きな気持ちを保ち続けることが一番大事だと思う。

同じ人が何枚も購入する現象が無くなればいいのに。
1度くらい売上が落ちたってリベンジする機会があればいいのに。
追わなくても続いていく未来があればいいのに…

新曲が発売されるタイミングでそんなことを考えている。