読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tasty marmalade

日々思うことや考察など興味のあることを好きなだけ書くブログ。横尾さんが気になって仕方がない。

キスマイ7人のホワイトデーのプレゼントを考えてみたー2017年版ー

私が働く職場はなぜかほぼ毎日お菓子の差し入れがあってお菓子が好きな私にとっては最高の職場なのだけれどその方に何か気を遣わせることなくお返しができないかなと思いホワイトデーというイベントに乗じてお菓子を選んでみた。

こういう時どんなお菓子だったら喜んでくれるだろうかと相手のことを考えていたのだけれどアレコレ考えているとキスマイの7人だったらどんなものを選ぶのだろうかと思い立った。

キスマイBUSAIKU!?ではバレンタインデーにチョコを渡す回・マイコからの本命チョコを断る回・ホワイトデーにサプライズプレゼントする回がすでに放送されているし明日は『彼女と作るホワイトデースイーツ』の回なのだけれども。

一応キスマイBUSAIKU!?上記3回の放送・普段のテーマなどを元に2017年版として考えてみた。(※彼女名はマイコ。メンバーは“君”づけもしくは愛称で表記・グループ名順に記述する)

北山宏光

[ホワイトデーのお返し]肉(肉料理を食べに行く)
社内でも大人気の北山先輩は毎年何人もの女性がチョコを渡していてここ数年用意はしていたけれど渡すことができなかった。今年はもう義理チョコだろうなとか大多数の1人だと思われてもいいやって。思い切って本命チョコを渡してみたら「お、おぅ。ありがとな!」ってちょっと鼻にかかった声で満面の笑みで返されて。もうそれだけでもう十分だって思ってた。そしたら今日「マイコー夜空いてる?肉食いに行かない?2人で。」って言われてどうしようか考えていると「俺、菓子とか全然詳しくないけど上手い店なら結構知ってっから!」…あぁ、そういえば今日はホワイトデーだった!

…ってところまで考えてしまった。北山さんとご飯食べに行くと楽しそうだなと。

 

千賀健永

[ホワイトデーのお返し]高級菓子・美容グッズ
同僚の千賀くんはホワイトデーに女子がもらったら嬉しいものをリサーチしてそう。バレンタインのお返しに貰ったのは百貨店に店舗を構える有名店のお菓子。それだけでも嬉しいのに「マイコにはもっと綺麗になってほしいから」って千賀くんがオススメのコラーゲン入り美容ドリンクも添えてプレゼントしてくれた。…あれ?私だけ?同期の男性社員よりも繊細で話しやすくて他愛もない話でも笑ってくれて一緒にいて居心地が良いんだよね。…あれ?今まで意識なんかしてなかったのになんだか気になってしまう。そんなホワイトデー。

 

宮田俊哉

[ホワイトデーのお返し]アニメとコラボした何か
今年社内で配るバレンタインのチョコ担当は私だった。予算に合わせて男性社員の人数分を購入してその時にそれとは別で自分の彼氏用にも購入した。好みがよく分からなくて味優先で有名パティシエのチョコを奮発してみたんだけど「マイコー!これ美味しいね♪」って喜んでくれたみたい。今日はホワイトデーでいくつかお返しを頂いたんだけど最近のホワイトデーのプレゼントって女子の好みとか熟知されてて凝ってるの。仕事終わりに俊くんとご飯食べた時に家で開けてねってプレゼントをもらったんだけど。開けてみると…リラックマのマグカップとこれは…俊くんが好きなアニメの…。何だろう?誰だか分からない…ほら俊くんが推してた子とコラボしたお菓子。見た目に一瞬ビックリしたけど自分の好きなものを彼女に推してくるあたりが彼らしいなってクスッと笑った。

これはもう独断と偏見なのだけれども“アニメとコラボした何か”。以前バレンタインデーに“スキです”って書いた手作りの逆チョコを渡して「返事待ってるね」とポーズを決めて去って行った彼なのだ。餃子の皮でアップルパイを作った彼なのだ。ホワイトデーだってきっと普通ではないに決まっている。というか普通ではないお返しを期待してしまう。

 

横尾渉

[ホワイトデーのお返し]手作りの料理とお菓子
会社で“マイコさんのことをマイコって呼びたい”“社内で秘密の関係でいたい”って告白されストーカー気質だなと思いつつ断れなくて付き会うことになった彼は残業で家に帰れば夜食を作って待っていてくれるしお弁当だって作ってくれる素敵な人だった。社内では未だに秘密の関係だけれど唯一秘密にしていないこと―それは彼と私のお弁当の中身が一緒であることだ。料理が完璧な横尾くんはバレンタインのチョコレートに関しては拘りが強いらしくカカオを削るところからでないと手作りチョコだと認めてくれないらしい。なので名の知れたお店のチョコを渡しておいた。平日なのに彼の家に呼ばれて部屋に入るとテーブルにはまだ蕾の桜が生けてある。座ってと言われ待っているとキッチンからは良い香りが…前菜からメイン、デザートまで彼の手作り料理のフルコースだった。昨年の大人のクレームブリュレのレベルではないんですけど!?思いもよらないホワイトデーのプレゼントに本気で花嫁修行しないと…と内心少し焦る。

 

藤ヶ谷太輔

[ホワイトデーのお返し]アフターヌーンティーとバラの花
「今日はねちょっとマイコと行きたいとこがあるの」と言って連れて来てくれたのがいつもと雰囲気が違うカフェ。なんだか素敵な空間だなぁなんて周りを見渡していたら机に置かれたのはアフターヌーンティーのセット。しかも私が大好きでよく飲んでた紅茶まで覚えてくれている。アフターヌーンティーって一度は頂いてみたいなって思っていたんだ。「マイコこういうの好きじゃん?」って彼は私が良いなって思うものだとか何気なく頼んでいるものだとか小さなことまで見逃さない。感激していると「俺ねマイコの喜ぶ顔見るのすっごい好きなの」って言いながらバラの花をプレゼントしてくれた。

先輩との女子会だと花を持って行ったり空回りしてしまう藤ヶ谷さんも1人の女性の前だと紳士だよなぁと思いつつ。ただ単に藤ヶ谷さんの伝家の宝刀「マイコって~じゃん?」「マイコの○○なとこ好きなの」を使いたかっただけである。

 

玉森裕太

[ホワイトデーのお返し]何もないと見せかけて…
毎年女子に囲まれてたくさんのチョコを貰う玉森くんは見た目には「バレンタインってめんどくせーなー」って若干だるそうな素振りを見せつつも内心嬉しかったりしてそう。もらうチョコの数も多いしモテるしゆるーくマイペースな王子様なのでチョコを渡す女子たちはお返しの有無なんて気にしない。お返しが無くても許されるキャラで渡せただけで満足なのだ。とはいえ当の本人は何かしたいな…何かしなければとは思っているようで。マジパンで試作してみるも今は流行りのアートパンで試作してみるもなかなかの出来栄えだったりするので今一番気になっているマイコに手作りではないけれど市販のお菓子を選んでいる。

 

二階堂高嗣

[ホワイトデーのお返し]お母さんが用意したクッキー
朝机の中を覗いたら1つだけ。1つだけチョコが入っていた。相手の名前は書いていないがこの筆跡からするとこのチョコを入れたのはマイコだ。気になるあの子からチョコを貰って嬉しくてつい「母ちゃん今日俺チョコもらった!」と口を滑らせてしまった。マイコにチョコを貰ったのが嬉しくてもったいなくて手をつけられず引き出しに入れたままだ。ホワイトデーにお返しをするのが恥ずかしそうな高嗣を見て察した母に「誰かは知らないけどお母さんお返し用意したからアンタちゃんと渡しなさいよ!」と怒られしぶしぶカバンにプレゼントを入れる。…あのチョコマイコだよね?

キスマイBUSAIKU!?を見ていると意外にもマイコへの束縛や愛情が重い二階堂さんなので重めのも良いかなと思っていたのだけれど、二階堂さんは中学生くらいのやんちゃなこういうカンジが似合いそうだなと。

 

まとめ

久々のもしもシリーズは書いていて楽しかった。そして久々に見返した初期のキスマイBUSAIKU!?があまりにも面白くてお腹を抱えて笑った。あのカッコ良さを履き違えた感が好きなんだなぁと改めて感じた。今回メンバーによって設定を変えてみたのだけれど全員同じ状況設定にして考えてみるのも面白いかもしれない。

明日はマイコと作るホワイトデースイーツの回。全員が同じ状況設定のテーマなのでランキング以上に7人の個性がどのように光るのかが楽しみだ。